【500円全プレ付】インズウェブの自動車保険一括見積もり

2007年06月18日

早大33年ぶりの全日本大学野球選手権優勝!

斎藤佑樹投手が準決勝に続いて先発。
6回途中1失点で勝ち投手になり、1年生として初のMVPに輝きました。

斉藤投手は、昨年の夏の甲子園から不敗神話を続け、ここまで出来すぎた結果が出るとはもう笑うしかないですね(^^)

久々に登場した神宮のスターはいよいよアメリカ代表と対決。
ここでも、結果が出ると、人気は手に負えないことになってしまうかもしれませんね〜
posted by Ky'z at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学野球

2007年06月06日

早慶戦を制し、斎藤佑樹投手、2季連続39度目の優勝を決める!

早稲田大学・斎藤佑樹投手が慶応義塾大学第2戦に先発し、東京六大学リーグ2季連続39度目の優勝を決めました!

今季、6試合目の登板でしたが、相変わらずの落ち着いた投球でゲームを作り、早大の優勝に大きく貢献しました。

正直、球の勢いや切れは夏の甲子園時の方が上でしょうが、それを補う制球や精神力でゲームを作り続けたことは流石と言ったところでしょう。

これから暑くなれば、あの頃のような球の勢いが期待できるので、次のステップである日米大学野球が非常に楽しみです!(ぜひ選出されて欲しいですね〜)

それにしても、あれだけのプレッシャーに打ち勝ち、大活躍したのは非常に評価できます。

斉藤投手はインタビューで、よく「ファン」という言葉を使っていますが、大学野球でファンという言葉を使うことは普通の学生とは意識が違います。

多くのファンに囲まれ、テレビ中継も多数行われるようになった(これまでは早慶戦1戦ぐらいでしたが…)斉藤投手自身がその事をよく認識しているからでしょう〜

大車輪の活躍で1年生春リーグでは史上初となるベストナインに選出されましたが、今後の活躍が非常に楽しみです(^^)
早大の選手レベルは非常に高いので、黄金期が来るかもしれませんね〜
posted by Ky'z at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学野球
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。