【500円全プレ付】インズウェブの自動車保険一括見積もり

2008年08月24日

星野監督にWBC代表監督の要請

北京オリンピック前、日本代表・星野仙一監督にWBC代表監督への就任が要請されていたと報道がありました。

正直、ありえない起用でしょう。

北京オリンピックでの結果のこともありますが、選手の選出、起用法、戦いやすくして上げる環境作り、過去の実績からも望ましくありません。

選手の選出については、結果論となる部分があるので触れませんが、星野監督は過去ペナントレースでは強さを発揮するものの、日本シリーズなど短期決戦では一度も勝ったことがありません。

それの原因は明白で、シーズン中活躍した選手の気持ちやシーズン中の戦い方を優先して、勝負に徹しない采配にあると思います。

長い戦いではその采配は正しいかもしれませんが、短期決戦では調子のいい選手をどんどん起用して、形ではなく結果を優先しなければなりません。

それなのに、藤川や岩瀬のリレーに固執し、エラーをし続けるG・G・佐藤を起用し続けました。

これまでその戦い方を見直したことがないことから、WBC代表監督に就任してもリベンジどころか同じことを繰り返す可能性が高いです。

去年のポストシーズン、これまで星野監督と同種の采配をしていた中日・落合監督は、短期決戦の戦い方に徹して日本一、アジア一と勝ち取りました。

WBC代表監督には、これまで短期決戦で勝ってきた監督を起用する必要があります。

ベテランでは楽天・野村監督や元西武監督の森祇晶氏。

現役では、中日・落合監督やロッテ・バレンタイン監督らが上げられると思いますが、ぜひ、短期決戦で実績のある監督を選んで欲しいですね。
posted by Ky'z at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。