【500円全プレ付】インズウェブの自動車保険一括見積もり

2008年08月24日

星野監督にWBC代表監督の要請

北京オリンピック前、日本代表・星野仙一監督にWBC代表監督への就任が要請されていたと報道がありました。

正直、ありえない起用でしょう。

北京オリンピックでの結果のこともありますが、選手の選出、起用法、戦いやすくして上げる環境作り、過去の実績からも望ましくありません。

選手の選出については、結果論となる部分があるので触れませんが、星野監督は過去ペナントレースでは強さを発揮するものの、日本シリーズなど短期決戦では一度も勝ったことがありません。

それの原因は明白で、シーズン中活躍した選手の気持ちやシーズン中の戦い方を優先して、勝負に徹しない采配にあると思います。

長い戦いではその采配は正しいかもしれませんが、短期決戦では調子のいい選手をどんどん起用して、形ではなく結果を優先しなければなりません。

それなのに、藤川や岩瀬のリレーに固執し、エラーをし続けるG・G・佐藤を起用し続けました。

これまでその戦い方を見直したことがないことから、WBC代表監督に就任してもリベンジどころか同じことを繰り返す可能性が高いです。

去年のポストシーズン、これまで星野監督と同種の采配をしていた中日・落合監督は、短期決戦の戦い方に徹して日本一、アジア一と勝ち取りました。

WBC代表監督には、これまで短期決戦で勝ってきた監督を起用する必要があります。

ベテランでは楽天・野村監督や元西武監督の森祇晶氏。

現役では、中日・落合監督やロッテ・バレンタイン監督らが上げられると思いますが、ぜひ、短期決戦で実績のある監督を選んで欲しいですね。
posted by Ky'z at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表

2008年08月23日

星野JAPAN、韓国に敗れる・・・

野球日本代表が負けました。
でも、試合内容を観れば当然の結果だったと思います。

序盤こそ攻めの気持ちが若干出ていたものの、その後は回を追うごとに守りの姿勢に。

最後はガタガタになって終わりました。

実力的には上なのかもしれませんが、受けて立つほどの力はありません。

どんな種目でもオリンピック金メダルは攻め切った選手がほとんど獲得しています。
そんな一発勝負の世界で、日本代表の姿勢は残念でした。

多大な重圧があるのは分かりますが、それは相手も同じ。
プロである野球日本代表には、アマチュア選手以上に攻めの姿勢を見せてもらいたかったです。

必死にもぎ取った400mリレーの銅メダルは誇らしく思いますが、後ろ向きになった野球日本代表の3位決定戦には何ら興味が涌きません。

攻めた上での敗戦と逃げた上での敗戦では決定的な差があると思います。
posted by Ky'z at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表

2008年08月21日

ソフトボール日本代表、悲願の北京オリンピック金メダル!

やった!やりました!!
絶対的世界王者のアメリカ代表を退けて、ソフトボール日本代表がオリンピック金メダルを獲得しました!!


今大会、厳しい戦いの連続でしたが、最後まで逃げることなく向かっていった結果がこの金メダルだと思います。

野球日本代表も、守りに入っている気持ちを攻めの気持ちに入れ替えて、公式競技最後のオリンピックで金メダルを獲得して欲しいですね!
posted by Ky'z at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2008年08月20日

北京オリンピック 野球日本代表 一次リーグ×アメリカ戦

一次リーグ最終戦、対アメリカ戦。

負けはしましたが、収穫がたくさんある試合でした〜

まずはダルビッシュ投手の復調。
いつものスピードボールが戻り、決勝トーナメントでの好投が期待できます。

2つ目に川崎選手の復帰。
これで、1番・西岡、2番・川崎、3番・青木と足が使えるオーダーを組む事が出来ます。

そして、一番大きいのがタイブレークを経験できた事。
これにより、戦い方がわかったと思います。

ソフトボールも同様ですが、満身創痍で不利な方が優勝したりするものです。

ここまでうまく行き過ぎている韓国の快進撃が最後まで続くとは思えません。

もう何も言う事はありません。
勝つのみです!
posted by Ky'z at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表

北京オリンピック 野球日本代表 一次リーグ×中国戦

10×0、7回コールド勝ち。
求めていた結果がやっと出ました。

打線の内容は決して本調子ではないものの、結果を出したことによって気分的に楽になればいいですね〜

これで、決勝トーナメント進出を決め、韓国、キューバとの対戦が待ってます。

一次リーグ最終戦のアメリカ戦に勝とうが負けようがどうでもいいです。

順番は異なるかもしれませんが、準決勝、決勝ではおそらく韓国、キューバと対戦する事になるでしょう。

絶対に最後の2勝をもぎ取って、有終の美を飾って貰いたいです!
posted by Ky'z at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表

第90回全国高等学校野球選手権大会決勝 常葉学園菊川(静岡)×大阪桐蔭(北大阪)

第90回全国高等学校野球選手権大会決勝。

常葉菊川と大阪桐蔭という強さを見せつけて勝ち上がってきた両チームの試合は意外なほど一方的な展開となりました。

初回、大阪桐蔭は5番・奥村翔馬外野手の満塁本塁打を皮切りに打線が爆発!

4番・萩原圭悟一塁手の3試合連続となる2ランホームランなどで21安打17得点を上げました。

投げてはエース・福島由登投手が最速141キロのストレートとスライダーをコーナーに投げ分け、強打の常葉菊川打線を5安打9奪三振の完封。

記録に残る大勝となりました。

今大会、大阪桐蔭の萩原君をはじめ、大会ナンバー1スラッガー智弁和歌山・坂口真規君や横浜の2年生4番・筒香嘉智君などスケールの大きい打者が数多く活躍しました。

数年前、飛ばないボールに変更されましたが、ここまでの体力アップやバッティング技術向上には驚かされます。

一方、負けた常葉菊川ですが、自慢の強打も発揮できずに残念な結果となりました。

しかし、決勝まできた実力は本物でしたし、決勝でも随所に好プレーを見せてくれました。

ただ一つ不満なのは、エース・戸狩聡希投手のピッチング。

1年の時から注目された逸材でしたが、今大会では安定感を出す為にサイドスローからの小さくまとまったピッチングに終始しました。

様々な事情はあるかもしれませんが、思い切ったピッチングを見せてもらいたかったです。

でも、9回2死2-3のカウントから投げ込んだオーバースローのストレートは、何か意気を感じました。

この経験を糧に更なる成長を期待しています。
posted by Ky'z at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球

2008年08月18日

北京オリンピック 野球日本代表 一次リーグ×カナダ戦

カナダ相手に1×0で勝利。

成瀬投手が7回を2安打10奪三振の快投、藤川、上原の投手リレーは完璧でしたが、1得点は不満の残る内容でした。

厳しい精神状態での試合なので、守備の時に消極的になるのは理解できるのですが、攻撃の際はもっとアグレッシブにいってもらいたいですね。

日本の特色であるスモールベースボールを展開して欲しいですが、西岡、川崎が離脱しているのが痛いです。

決勝トーナメントではぜひとも、西岡、川崎が足を使える状態で出てきて欲しいですね〜
posted by Ky'z at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表

2008年08月17日

北京オリンピック 野球日本代表 一次リーグ×韓国戦

韓国戦に負けちゃいましたが、全く問題ありません。

とにかくカナダ、中国に勝てばまず決勝トーナメント進出できるので、切り替えて思い切った野球をしてもらいたいですね〜
posted by Ky'z at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表

2008年08月16日

北京オリンピック 野球日本代表 一次リーグ×オランダ戦

初回で4×0。

コールドでの決着を期待したのですが、追加点は2点のみ。
強敵への敗戦は予選リーグでは仕方ないものの、力の落ちるオランダ、中国への敗戦は許されません。

中国に敗戦を喫した台湾の決勝トーナメント進出はまずないでしょう。

野球日本代表にとって、中国への敗戦は許されません。
posted by Ky'z at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表

2008年08月15日

北京オリンピック 野球日本代表 一次リーグ×チャイニーズ・タイペイ戦

最終的には台湾相手に6-1と点差が広がりましたが、予想以上に厳しい試合となりました。

先発の涌井投手も常にフルカウントとなる苦しいピッチング。
打線も、安部選手のホームランが出るまで点が取れそうもないほどの重苦しさでした。

最後は、相手の不可解なベンチワークもあり、楽な展開で上原投手を出す事が出来ましたが、もし、1点差のままであれば、今シーズン不調の上原投手が国際試合初黒星を喫していたかもしれません。

野球日本代表の中で、金メダルのプレッシャーが大きいは大いに分かるのですが、序盤から少し考えすぎのような気がします。

個人競技と団体競技の違いはありますが、柔道の試合を見てみると、常に前に出続けた内柴選手、谷本選手、上野選手が金メダルを取り、相手の事ばかりに意識が取られて自分の柔道が出来なかった他の選手は敗退していきました。

厳しい試合の中でも、大胆に攻める場面を作らないと、結局、勝ちには結びつかないものなので、もっと思い切り攻めて相手を圧倒して欲しいですね〜
posted by Ky'z at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表

2008年08月14日

北京オリンピック 野球日本代表 一次リーグ×キューバ戦

星野ジャパンの緒戦、キューバ戦。

先発のエース・ダルビッシュは好調時のピッチングとは程遠く4回4失点K.O.
打線も繋がりを欠き、4-2という点数以上に開いた内容でした。

ダルビッシュ、上原、川上らピッチング陣の不安、ケガ人や病み上がりを多く抱える野手陣、大会直前のルール改定など、日本代表を取り囲む状況は満身創痍といっても過言ではない状況です・・・

でも、全く心配していません。
なぜなら、日本代表の目標は全勝ではなく、金メダルだから。


最も身近なWBCやサッカーW杯など大きな世界大会の場合、優勝するチームは、序盤絶好調のチームではなく、危ない展開から逆転する事が圧倒的に多いのだから、初戦の負けはむしろ縁起がいいのかも!?

別に何敗しても構いません。
4位までに入って決勝トーナメントに進んでくれる事を信じています!
posted by Ky'z at 03:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表

2008年08月13日

坂口真規一塁手(智弁和歌山)/駒大岩見沢(北北海道)×智弁和歌山(和歌山)第90回全国高等学校野球選手権大会

地方大会で4試合連続本塁打を放った大会ナンバー1スラッガー、智弁和歌山・坂口真規一塁手が本領を発揮しました!

1点ビハインドの8回表、豪快に放たれた打球はバックスリーン左への逆転3ランホームラン!

打者一巡して回って来た打席では、レフトポール際への2打席連続ホームラン!!

ちなみに、勝谷直紀二塁手のホームランと合わせた1イニング3本塁打は大会新記録だそうです。

186cm90kgの巨体から放たれる打球は全くの別次元。
軸のぶれないバッティングフォームから放たれる美しい放物線は、昨年の日本ハム・中田選手よりも、バッターとしての完成度の高さを感じさせてくれます。


坂口君のバットから更なる芸術的放物線が描かれれば、全国高校野球の頂点も掴んでしまうかもしれません。
posted by Ky'z at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球

2008年08月09日

植田秀志投手(福知山成美)/福知山成美(京都)×常葉学園菊川(静岡)第90回全国高等学校野球選手権大会

福知山成美と常葉菊川の両チームの冷静なプレーぶりは高校野球とは思えないほどの好勝負。

福知山成美・植田秀志投手と常葉菊川・戸狩聡希投手、野島大介投手の投げ合いは不思議な結末を迎えてしまいました。

7回まで完全に福知山成美ペース。
ただ、点数は1点のみという流れ。

そして、ショートが死球で退場したことが合わさって、悪夢の8回が訪れました。

7回までわずか2安打に抑えていた植田投手。
1死1、3塁の場面で、1塁ランナーが盗塁し、捕手が2塁へ送球。
しかし、ショートとの息が合わなかったのか、ボールはセンターに抜けてゆく。

呆然とする植田投手。
一瞬、空気の止まった福知山成美の守備陣の隙をつき、なんと1塁ランナーまでもホームに生還。


正直、植田投手は全く負けた気がしないと思います。

本来のエース・近藤均投手のケガでの出遅れ、試合の流れ、選手の退場。
様々な要素が、春季近畿大会王者・福知山成美に降りかかった結果がこの敗戦だったような気がします。

それにしても、植田選手は172cmと小柄ながら、投手としてもバッターとしても高い能力を見せてくれました。

マウンド上で見せた堂々たる振る舞い、上の世界でも通用する選手のように感じました。
posted by Ky'z at 18:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球

安井亮輔投手(酒田南)/福井商(福井)×酒田南(山形)第90回全国高等学校野球選手権大会

福井商・竹沢佳汰投手と酒田南・安井亮輔投手の両2年生左腕の投げ合いは、福井商・竹沢投手に軍配が上がりました。

安井投手はMAX140キロの力あるストレート、大きなカーブ、鋭いスライダーと一つ一つの球種では竹沢投手を上回ったもののコントロールにバラつきがあり、回を追う毎に球威も落ちていきました。

安井投手には、竹沢投手のような緩急、終盤まで球威の落ちない体力を残り一年で身につけて、また甲子園のマウンドへ帰ってきて欲しいですね〜
posted by Ky'z at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球

西勇輝投手(菰野)/菰野(三重)×仙台育英(宮城)第90回全国高等学校野球選手権大会

豪腕・平生拓也投手擁する宇治山田商を決勝で破った菰野の注目はMAX147キロを誇る本格派右腕・西勇輝投手。

ただ、ミートのうまい左打者が並ぶ仙台育英打線に13安打、エラー絡みで4失点と敗退しました。

西投手の印象はとてもフォームがきれいで、球筋が安定しているオーソドックスなピッチャー。

ただ、凄みが無く、素直すぎるのが難点か。

フォームにタメを作ったり、身体的レベルアップを図って、ストレート、スライダーの質を高める事が出来れば、まだまだ伸びる投手に思えました。

それにしても、仙台育英のトップバッター・橋本到中堅手の5打数5安打は凄すぎました!

もし、西投手が橋本選手を無安打に抑えていたら、ゲーム内容は全く違ったでしょうから、橋本選手の貢献度は大きいですね〜
posted by Ky'z at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球

2008年08月08日

土屋健二投手(横浜)/浦和学院(南埼玉)×横浜(南神奈川)第90回全国高等学校野球選手権大会

関東を代表する強豪校同士がいきなり激突。

横浜・土屋健二投手は地方大会で防御率0点台の注目のピッチャー。
この日は14安打失点5と捉えられましたが、チーム打率.333の浦和学院打線を相手に粘りの投球を見せました。


安定したキレイなフォームから投げ込むストレートは130キロ中盤ですが伸びがあり、カーブ、スライダーのキレも鋭い。

この日は、全体的にはコントロールも安定していたものの、高めにいった球を痛打されていました。

次戦以降、低めにコントロールする事が出来るかどうかが、生命線となりそうです。
posted by Ky'z at 06:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球

木下拓哉捕手(高知)/広陵(広島)×高知(高知)第90回全国高等学校野球選手権大会

負けはしたものの3回、広陵の俊足トップバター上本崇史遊撃手が盗塁を試みた際の鋭い送球に目を奪われました。

早い反応から高知・木下拓哉捕手が投じた送球は、一直線にショートに。

高校生とは思えない強肩は一見の価値ありです!


2年生ながら、キャッチングも良く、打っては4番。
甲子園でも、2安打3打点の活躍で、今後の飛躍が期待されますね〜
posted by Ky'z at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球

2008年08月07日

鍵谷陽平投手(北海)/東邦(西愛知)×北海(南北海道)第90回全国高等学校野球選手権大会

6回1/3被安打14自責点10。

南北海道大会を7試合57回を一人で投げ抜き、被安打30失点7奪三振61を記録した北海・鍵谷陽平投手は甲子園では最後までマウンドにいることが出来ませんでした。

ストレートは最速144キロ、常時140キロを記録していましたが、決め球のスライダーを含めて、高めに浮いており、カーブはほとんどボールの判定。

一つ一つの球は素晴らしいものがありましたが、高めに浮いた直球を強打の東邦打線にことごとく狙われて痛打。
守備の乱れや不運などもあり大量失点となりました。

もし、低めにボールを集める事が出来れば、全く違った結果が出たかもしれませんね〜
posted by Ky'z at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球

今村猛投手(清峰)/白鴎大足利(栃木)×清峰(長崎)第90回全国高等学校野球選手権大会

白鴎大足利(栃木)と清峰(長崎)の私立県立の対決。

清峰は5番・林誉之遊撃手の先制3ランや3番・山崎健太郎一塁手のダメ押し2ランなど猛打が爆発し、11得点を挙げて白鴎大足利に大勝しました!

そんな中、素晴らしい投球をしたのが、清峰の2年生・今村猛投手です。

エースナンバー・古賀達彦投手を5回途中からリリーフして、2安打無失点無四球5奪三振と完璧な内容でした。

ゆったりと安定したフォームから投げ出されるストレートは最速144キロ、常時140キロ前後を記録し、鋭く落ちるスライダーで相手から空振りを奪うシーンも目立ちました。

そして、最も評価できるのが、非常に落ち着いている点。

マウンド上で全く動じる仕草も無く、フィールディングも抜群。
精神的な強さをうかがい知ることが出来ました。


接戦でどんなピッチングをするのか、次の試合ではぜひ見てみたいですね〜
posted by Ky'z at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球

2008年08月06日

田村圭投手(慶応義塾)/ 慶応(北神奈川)×松商学園(長野)第90回全国高等学校野球選手権大会

プロ注目の左腕・慶応義塾高・田村圭投手が登場。

国民的スターであったプロレスラー・力道山の孫としても知られてる田村投手ですが、186cmの長身から投げ下ろす球は迫力十分。

完成度はまだまだですが、ストレート、大きなカーブ、スライダーの質感は流石で、将来性を感じさせる内容でした。


一方、松商学園・林哲也投手ですが、140キロ台のストレートを連発してたにも関わらず、3回途中で降板。

並みの打線なら大量点はなかなか難しかったと思いますが、慶応打線の振りの鋭さが目立った試合となりました。
posted by Ky'z at 03:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。